ドッグフードに含まれる大量の添加物

ドッグフードに含まれる大量の添加物

保存期間があまりに長いドッグフードは危険です。

人間の食べ物と同じようにドッグフード選びで気をつけてあげたいのが、添加物の有無です。
ドッグフードにはどのような添加物が使用されているのでしょうか。

ドッグフードを選ぶ時、みなさんは消費期限をチェックしていますか?
よく見てみると、ほとんどが消費期限が1年以上、ドライタイプのものでは2年近くもつものもあります。
確かにワンちゃんにあげたドッグフードが何日かそのままになっていても、腐ったりカビが生えたりしたことはあまり見かけたことがありませんよね。

ここまで話せばもうおわかりの方も多いと思いますが、これは大量に添加された保存料、抗酸化剤の効果によるものです。

私たち人間が食べる食材にも賞味期限が1年以上あるものがあります。
インスタントラーメンなどの加工食品がそれにあたりますが、私たちはこれらのものを主食として常食しているわけではありません。
それに対して、ワンちゃんの主食、総合栄養食であるドッグフードにこれだけの保存料が添加されていれば、健康に影響を与えることは言うまでもありません。

その他にもワンちゃんたちが喜んで食べてくれるように味を濃くしたり、香料で食欲をそそるような味にしたりと、いろいろな添加物が使用されています。
人間と比べて体の小さいワンちゃんの体にこのような添加物が代謝されず蓄積されてしまったら...。
考えただけで恐ろしいですよね。

ヨーロッパではペットフードを作る際に人間が食べられる原料でしかつくらないという決まりがある国もあるそうです。
そして実際、メーカーでは人間が試食しているのだとか。
日本のペットフード業界ももう少し、動物の健康に対する配慮をする必要がありそうですね。