ドッグフード 手作り

手作り食なら安全?

手作り食って本当にいいの?

「市販のドッグフードは粗悪な原料や危険な添加物が多すぎる...、それなら、ドッグフードを手作りしてみようかな?」

 

ワンちゃんを飼っているかたなら、誰でも一度はこう考えたことがあるのではないでしょうか。
でも残り物をあげるのは良くないというし、どんな材料を使ったらいいのか分からないという方も多いでしょう。

 

確かに手作り食は何が入っているかすべて把握できるので、安心できるというメリットがあります。
昔から人間の食事の残り物を食べさせるのは良くないといわれていますが、実はそれほど心配する必要がないという意見もあるようです。

 

もちろん脂肪分の高すぎる原料やたまねぎ、チョコレート、化学調味料といった犬が食べてはいけないものを与えるのは厳禁ですが、添加物と粗悪な原料できているドッグフードと比べたら、まだ安全と言えるかもしれません。

 

犬は肉食ですが、野菜を全く摂らなくていいわけではありません。
ワンちゃんの祖先である野生の犬たちは獲物として捕えたの動物の内臓に含まれていた、消化済みの野菜に含まれる栄養素も摂っていたことになります。
このように考えると、野菜も消化済みあるいは消化しやすい形で食べさせてあげる必要があるのです。

 

野菜や穀物をそのまま手作りフードに混ぜてしまうと下痢や消化不良を起こすことがあります。

 

肉類は豚や牛よりも鶏のささみやラム肉が適していますが、手作りドッグフードは少量ずつしか作れないためどうしても割高になってしまいます。

 

そもそもラム肉はいつでもどこでも買えるとは限りません。
ワンちゃんの年齢や体型に合わせたカロリー計算や塩分の調整も必要になってきます。

 

手作りドッグフードを作っている方曰く
「自分たち人間より犬の食事にお金がかかっている」
「時間がない人や手間をかけるのがイヤという飼い主には向いていない」
とのこと。

 

安心して食べさせてあげられるドッグフードを見つけたほうが飼い主さんのストレスにならないと言えそうです。