おすすめのドッグフードは?

おすすめのドッグフードは?

原材料、コスト、ワンちゃんの健康に良いおすすめの無添加ドッグフードとは?

数年前から愛犬家の間で「日本で売られているドッグフードは危ない」という噂が広まるようになりました。

確かに、数年前までペッドフード公正取引協議会が定めた決まりには法律としての効力はなく、添加物や原料産地表示などに関してはメーカーの判断に頼らざるを得ないため、有害なものが含まれていたとしても消費者側にはそれを判断する目安がなにもありませんでした。

数年前になってようやくペットフード安全法が設置されましたが、まだまだ添加物などの危険は潜んでいるといえます。

塩分や脂肪分を控えた食材でドッグフードを手作りすることできますが、年齢や体重によって栄養素やカロリーを計算しなくてはならないため、毎日手づくりしてあげるのはとても大変です。

少しでも安全なドッグフードを食べさせてあげたい...そんな愛犬家のみなさんから今、注目を集めているのがFINEPETSドッグフードです。

FINEPETSドッグフードのポリシーは栄養バランスのとれた、ワンちゃんに本当に必要なものだけを食べさえてあげるということ。
病気やアレルギーなどの症状を起こしにくい、かつての野生の犬が食べていたような食事を再現したのが、このナチュラルドッグフードなのです。

総合栄養食として必要な良質なたんぱく質、炭水化物、ビタミンやミネラルを取れるように人間が口にすることのできる原料のみを使用し、人工の添加物を一切につかわずに仕上げることで、消化吸収率がアップし、ワンちゃんたちの消化器官にかかる負担を減らすことにも成功しました。

このナチュラルドッグフードの歴史はイギリスの一人の愛犬家が自分のワンちゃんのために100%の天然素材でドッグフードを作り始めたところから始まりました。
愛犬家が多いイギリスにおいて、その人気はあっという間に広まり、日本に輸出されるまでになったのです。

ファインペッツのドッグフードを食べさせるようになってから、ワンちゃんの毛並みがよくなった、体型が引き締まってきたなど、日本の愛犬家たちからも続々と喜びに声が集まっているようです。

無添加ドッグフードの選び方

無添加ドッグフード総合ランキング

順位 商品名 金額 商品詳細

986点
NDFナチュラルドッグフード

1kg当り1,800円 100%無添加素材。ラム肉を55%含有。続けやすい価格も◎
完全無添加。人間も食べられる高品質のイギリス産ラム(子羊)肉を使用。脂肪分には、脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」がバランスよく含まれた「亜麻仁油」を使用。公的な機関による成分分析結果もきちんと公開しています。
高品質なのに、1kg当りの単価が安く、続けやすいのも助かります。 NDFナチュラルドッグフード

824点
TLCドッグフード

1kg当り2,200円 人間が食べられるレベルの新鮮な原材料を使用。
肉類の副産物(バイプロダクツ)や化学合成された添加物は一切使用せず、化学合成添加物「無添加」だから安心。原材料の肉は、新鮮なニュージーランド産ラム(仔羊)肉、鶏肉、大西洋産鮭肉です。
TLCドッグフード

753点
犬猫自然食本舗

1kg当り2,635円 素材にこだわった総合栄養食、マザープラスが人気。
九州産の鶏肉や豚肉を使用し、8種類の雑穀と野菜が豊富。野菜や穀物も減農薬野菜、無農薬野菜を基本としています。動物性油脂の吹きかけをしないノン・オイルコーティング製法で、べたつきや酸化を抑えています。
犬猫自然食本舗

629点
オリジン
1kg当り2,058円 犬が必要とする栄養価の高いたんぱく質を豊富に供給
新鮮鶏肉、北部産獲りたて白身魚など人間用食材の肉原材料を80%以上含有。犬にとって生物学的に不適正で現代病の原因ともいわれている穀類は一切使用せず、穀類の代わりに特産果物と野菜を成分の20%以上に使用しています。
オリジン

495点
ヤラー
ヤラーの正規代理店
1kg当り2,153円 材料を厳選したオーガニックドッグフード
ヤラーの原料になるオーガニックチキンは、オーガニックの飼料だけを食べ、十分な面積の開放鶏舎で、自然のままにのびのびと飼育されます。アレルギー対策用、シニア用など目的に応じた様々な種類のフードが揃っています。
ヤラー