無添加ドッグフード ランキング

生?半生?ドライ? 選ぶならどのドッグフード?

市販のドッグフードには、缶に入った生タイプ、ふにゃっと柔らかい半生タイプ、カリカリとした食感のドライタイプがあります。

 

ワンちゃんの健康を維持するのに最も適しているのは、どのタイプのフードなのでしょうか?

 

生(缶詰)タイプ

生タイプのドッグフードは、水分量が75%程度含まれ、缶詰になっていることが多いです。
高級感のあるラベルや、ネーミングをすることでプレミアムな印象を与えるものもあります。

 

密封して、酸素に触れないような製品のため、保存料の使用は少なくて済みますが、
缶の内側の鉛が製品に溶け出していることがあるので注意が必要です。

 

また、開缶してからはどんどん酸化が進むため、保存はほとんどきかないのもネックです。

 

費用も一番多くかかります。

 

 

半生タイプ

生でもなく、ドライでもない、フニャッとした半生状態のドッグフードが売られています。
実は、これは一番選んではいけないフードだといわれています。

 

半生の状態というのは、「水分が多い」状態なので、通常だったら腐りやすい状態です。
これを常温で、腐らせないように保存するためには大量の保存料・防腐剤・酸化防止剤などを添加する必要があります。
そのように考えると、半生のドッグフードは犬に大量の添加物を与えているのと同じです。
一番避けてあげたい形状といえるでしょう。

 

 

ドライフード

ドライになっていることで、保存性が高くなり、また噛むことで歯石が取れたりストレスの発散にな るのでおすすめです。
量の調節も容易で、与えやすいので一番普及している形状です。

 

とはいえ、開封した時点で酸化が進みやすくなるため、クリップを使ったりして袋の口を密閉し、直射日光の当たらない冷暗所に保存することが大切です。
開封したら、なるべく早く消費できるよう、適量のサイズの袋を購入するようにしましょう。

 

安全性、経済性、ワンちゃんの健康を保つ観点でみると、ドライフードに軍配があがります。

 

生タイプや半生フードに慣れているワンちゃんは、はじめはドライフードを食べなかったりすることもあるようですが、
はじめは今までのフードに少しずつ混ぜていき、徐々に量を増やしていくと上手に移行できますよ。