大豆、大豆ミール、おからに注意!

大豆、大豆ミール、おからに注意!

犬にとって有害で、鼓腸症の危険もあります。

低価格のドッグフードの製造に使用される、かさ増しの原料には、 大豆、大豆ミール、おからなどもあります。
人間にとっては低カロリーで高タンパク、体にいいはずの大豆やおからですが、ワンちゃんの消化器官には負担をかけてしまいます。
大豆には、犬にとって有害な「トリプシンインヒビター」という物質が含まれています。

また、ドッグフードに使用されるおからは人間が食べるようなおからではなく、廃棄するべきカスのようなもので豚や牛などの畜産動物の飼料には使用が禁止されているものでもあります。

こうしたカスを大豆ミールとよぶこともあるのです。畜産動物が食べられないものをなぜワンちゃんが食べることができるのでしょうか。
もともと肉食であるワンちゃんは大豆たんぱくの消化も苦手です。

大豆や大豆ミールも同様に人間が食べることができるレベルの大豆が使われることはありません。
人間が食べるものでも、安全な国産大豆を使用した豆腐や豆乳は価格が高いですよね。
このような安全な大豆を、コストを重視するドッグフードメーカーはなかなか原料に使用したがりません。
食品業界が生み出す産業廃棄物のような大豆や大豆のカスを使用していることがほとんどなのです。
遺伝子組み換えの安い大豆が使われていることもあるでしょう。

またワンちゃんに大豆を食べさせ続けると、お腹が膨れる鼓腸症という深刻な病気を引き起こすことがあります。

ドッグフードに関しては、大豆が使われているからといってヘルシーと考えるのは誤りです。
大切なワンちゃんを長生きさせるためにも、ドッグフードを選ぶときは大豆が使用されていないものを探すようにしましょう。 ?

無添加ドッグフード 総合ランキング

NDF ナチュラルドッグフードの特徴

100%無添加素材。ラム肉を55%含有。

完全無添加。

人間も食べられる高品質のイギリス産ラム(子羊)肉を使用しています。
 
脂肪分には、脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」がバランスよく含まれた「亜麻仁油」を使用。
公的な機関による成分分析結果もきちんと公開しています。

高品質なのに、1kg当りの単価が安く、続けやすいのも助かります。

価格 税抜 3,960円
評価 評価5
備考 定期コースなら 最大20%OFF
カナガン ドッグフードの特徴

グレイン(穀物)不使用だからアレルギーのワンちゃんにも。
 
アレルギーのあるワンちゃんに特におすすめ。生の鶏肉を贅沢に使用しています。ワンちゃんの体の負担になる穀物を控え、サツマイモやえんどう豆、海藻などがバランスよく配合されています。
肉の副産物はもちろん使用していません。

価格 税抜 3,960円
評価 評価5
備考
ネルソンズの特徴

ネルソンズの特徴は、
グレインフリー(穀物不使用)であること。
オリゴ糖で腸内の働きがよくなること。
グルコサミン、コンドロイチンといった関節サポート成分が入っていること。

シニア世代になり、ヒザが気になるワンちゃんにもおすすめです。
また腸の働きを良くすることで免疫力が高まるので、体調を崩して免疫力が弱っている時や、小さいワンちゃんにもおすすめです。

価格 税別 3,960円
評価 評価5
備考
ファインペッツの特徴

人間が食べられるレベルの新鮮な原材料を使用。

肉類の副産物(バイプロダクツ)や化学合成された添加物は一切使用せず、化学合成添加物「無添加」だから安心。
原材料の肉は、新鮮な産オーストラリア産ラム(仔羊)肉、鶏肉、大西洋産鮭肉です。

価格 お試し1kg  540円
評価 評価4
備考