品質が良くて、お値段が手頃なドッグフードってある?

品質が良くて、お値段が手頃なドッグフードってある?

あまりに高すぎては続けるのが難しくなってしまいます。

無添加で安全な材料を使っているドッグフードは、
肉の副産物と添加物だらけのドッグフードと比べて値段が高いです。

(ホームセンターなどで売っているドッグフードは確かに安いです。 安いとうもろこしや小麦、おから、加工したあとの肉骨粉などでドッグフードを作れば原材料が安く、防腐剤を大量に入れれば管理が楽になり、大量生産すればコストも下がります。)

このようなドッグフードの対極にある無添加ドッグフードは
・良質な原材料を使う分、材料費にお金がかかる
・作る手間がかかる
・防腐剤等がなければ保存性が落ち、品質管理にお金がかかる
ということがあり、このような点からみればコストに反映してしまうのは 仕方のないことなのかも知れません。

添加物いっぱいの安いドッグフードを食べ続けて病気になってしまったら、
ワンちゃんはかわいそうですし、病院代も非常に多くかかります。
やはり愛犬も人間と同じように安全な食べ物を食べて長く元気に暮らすことが必要だと 思います。

しかし、あまり高くては続けることが難しくなってしまいます。

だから、高品質な無添加ドッグフードを、いかにリーズナブルな価格で手に入れるかということも大事です。

そこでおすすめなのが「ナチュラルドッグフード」。

ドッグフードの一般的な販売経路は
製造元⇒商社⇒卸問屋⇒店舗と流通している度に中間マージンが発生し、最終的な販売価格は高騰しています。
ところが、ナチュラルドッグフードは
イギリスから直輸入した商品が直接、消費者である私たちに届く直販型なので、流通コストが省かれています。
その分、高品質なドッグフードなのに安く購入できるのです。

また、ナチュラルドッグフードは栄養の吸収率がとても良く、1日に与える量が他のドッグフードに比べて半分ほどで済みます。
だから無添加で高品質なドッグフードの中でも、トータルの費用はお手頃です。

それでもワンちゃんは極めて元気!
便の状態も良く、毛並みもツヤツヤになったと喜んでいる方も多くいらっしゃます。

無添加ドッグフードの選び方

無添加ドッグフード総合ランキング

順位 商品名 金額 商品詳細

986点
FINEPET'S(ファインペッツ)

1kg当り 540円(税込)
初回限定お試し価格
人間が食べられるレベルの新鮮な原材料を使用。
世界最高品質のドッグフード。肉類の副産物(バイプロダクツ)や化学合成された添加物は一切使用せず、化学合成添加物「無添加」だから安心。原材料の肉は、新鮮な産オーストラリア産ラム(仔羊)肉、鶏肉、大西洋産鮭肉です。

824点
NDFナチュラルドッグフード

2kg入り 3,600円(税抜)
(1kg当り1,800円)
100%無添加素材。ラム肉を55%含有。続けやすい価格も◎
完全無添加。人間も食べられる高品質のイギリス産ラム(子羊)肉を使用。脂肪分には、脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」がバランスよく含まれた「亜麻仁油」を使用。公的な機関による成分分析結果もきちんと公開しています。
高品質なのに、1kg当りの単価が安く、続けやすいのも助かります。

824点
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

2kg入り 3,600円(税抜)
(1kg当り1,800円)
グレイン(穀物)不使用だからアレルギーのワンちゃんにも。
生の鶏肉を贅沢に使用。ワンちゃんの体の負担になる穀物を控え、サツマイモやえんどう豆、海藻などがバランスよく配合されています。
肉の副産物は使用していません。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

753点
犬猫自然食本舗

1kg当り2,635円 素材にこだわった総合栄養食、マザープラスが人気。
九州産の鶏肉や豚肉を使用し、8種類の雑穀と野菜が豊富。野菜や穀物も減農薬野菜、無農薬野菜を基本としています。動物性油脂の吹きかけをしないノン・オイルコーティング製法で、べたつきや酸化を抑えています。
犬猫自然食本舗

629点
オリジン
1kg当り2,058円 犬が必要とする栄養価の高いたんぱく質を豊富に供給
新鮮鶏肉、北部産獲りたて白身魚など人間用食材の肉原材料を80%以上含有。犬にとって生物学的に不適正で現代病の原因ともいわれている穀類は一切使用せず、穀類の代わりに特産果物と野菜を成分の20%以上に使用しています。
オリジン