ドッグフードとアレルギー

ドッグフードとアレルギー

原材料、コスト、ワンちゃんの健康に良いおすすめの無添加ドッグフードとは?

野生の動物達と違い、ペットとして飼われている動物たちはアレルギー反応を起こすことがあります。

アレルギーの原因となるアレルゲンはダニやダニの死骸を含むハウスダストやノミ、花粉などのほか、ドッグフードなどに含まれる原料の場合もあります。
ペットとして飼われているワンちゃんの3〜4割程度がなんらかのアレルギーをもっていると言われています。

ワンちゃんのアレルギー反応にはどんな症状があるのでしょうか。
皮ふの症状としては部分的に体毛が抜けたり、カサカサした皮膚がフケのようにはがれたり、赤く炎症を起こしたりすることが多いようです。

これに対して、食べたものにアレルゲンが含まれていた場合、目ヤニが出たり、下痢や嘔吐を繰り返すことがあります。
ひどい場合はぐったりとして、その後、違うペットフードや手作りのフードを与えても食が細くなってしまうこともあります。
動物だけに敏感に危険を察知するのかもしれません。

アレルゲンの原因になりやすい食材には大豆・とうもろこし・小麦といった穀物から牛肉、鶏肉、たまご、乳製品などがあげられます。

人間と同じように、アレルギー症状が起こる前にアレルゲンをつきとめることはなかなかできません。
食事を与えて、下痢や嘔吐などの症状が起こったら、動物病院でアレルゲンの検査をしてもらいましょう。
症状が起こった時のドッグフードがどんなものだったか、獣医さんに伝えれば、アレルゲンをある程度特定することができます。

アレルゲンとなりやすい原料は一般的なドッグフードのほとんどに含まれているものばかりです。
アレルギーの起こりにくい原材料でできた、安全なドッグフードに切り替えてあげるようにしましょう。

無添加ドッグフード 総合ランキング

NDF ナチュラルドッグフードの特徴

100%無添加素材。ラム肉を55%含有。

完全無添加。

人間も食べられる高品質のイギリス産ラム(子羊)肉を使用しています。
 
脂肪分には、脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」がバランスよく含まれた「亜麻仁油」を使用。
公的な機関による成分分析結果もきちんと公開しています。

高品質なのに、1kg当りの単価が安く、続けやすいのも助かります。

価格 税抜 3,960円
評価 評価5
備考 定期コースなら 最大20%OFF
カナガン ドッグフードの特徴

グレイン(穀物)不使用だからアレルギーのワンちゃんにも。
 
アレルギーのあるワンちゃんに特におすすめ。生の鶏肉を贅沢に使用しています。ワンちゃんの体の負担になる穀物を控え、サツマイモやえんどう豆、海藻などがバランスよく配合されています。
肉の副産物はもちろん使用していません。

価格 税抜 3,960円
評価 評価5
備考
ネルソンズの特徴

ネルソンズの特徴は、
グレインフリー(穀物不使用)であること。
オリゴ糖で腸内の働きがよくなること。
グルコサミン、コンドロイチンといった関節サポート成分が入っていること。

シニア世代になり、ヒザが気になるワンちゃんにもおすすめです。
また腸の働きを良くすることで免疫力が高まるので、体調を崩して免疫力が弱っている時や、小さいワンちゃんにもおすすめです。

価格 税別 3,960円
評価 評価5
備考
ファインペッツの特徴

人間が食べられるレベルの新鮮な原材料を使用。

肉類の副産物(バイプロダクツ)や化学合成された添加物は一切使用せず、化学合成添加物「無添加」だから安心。
原材料の肉は、新鮮な産オーストラリア産ラム(仔羊)肉、鶏肉、大西洋産鮭肉です。

価格 お試し1kg  540円
評価 評価4
備考